Page Top

メイン写真

カバーリングの由来

昔国内では、糸を作ることを紡(つむ)ぐといい、その紡ぐ道具のことをつむと呼んできました。そのつむの進化したものにふくろつむ(つむの縦方向に穴のあいたもの)と呼ぶものができ、それと同様のものが、外国から輸入されるようになってからは中空スピンドルまたは穴明きスピンドルと呼ばれ、穴の中を通る糸を芯糸(しんいと)、巻きつける糸を鞘糸(さやいと)と呼び、この作業のことを芯糸を鞘糸が保護する(カバーする)という意味でカバーリングと呼ばれるようになりました。

カバーリング工場の紹介

三陽メリヤスのカバーリング工場では、おもにサポートパンスト用の糸(カバーリング糸)を製造しています。スパンデックス(ポリウレタン弾性糸)を芯にして、その糸を延伸したところにナイロン糸等を巻きつけて加工しています。 1971年に日本で初めて超高速カバーリングマシーンをドイツより導入して以来、絹や木綿などの自然繊維とナイロンやウレタンなどの化学繊維の各長所を複合化させて、全く新しい高機能の新繊維素材を作ることが出来ました。長年にわたる経験と知識が新製品開発の大きな力となっています。

特殊開発用途は、

・レディースの高級ショーツやパンストに使用される絹糸
・インナーウェアのストレッチ糸
・健康・スポーツ用ソックスに使用される極細の銅線やセラミックスのカバーリング糸

カバーリング糸のご紹介

カバーリング糸の使われている用途

サポートパンスト
靴下(ソックス)の裏糸
ショーツやブラジャー
パンツやスパッツ
水着・レオタード・ジャージ等のスポーツウエア
ボディースーツのようなファンデーション類
シャツやブラウス、ジーンズやスカート
マスクや手袋
ミシン糸
その他のインナーウエア
その他のアウターウエア

カバーリング糸の種類

DCY(ダブルカバーリングヤーン)

スパンデックス(ポリウレタン弾性糸)を芯にして、その糸を延伸したところ
にナイロン糸等をそれぞれS方向とZ方向に二重に巻きつけた糸です。

■特徴

・耐久性に優れている
・伸縮性
・編目が綺麗
・透明感がやや悪い
・ややコスト高

DCY(ダブルカバーリングヤーン)

SCY(シングルカバーリングヤーン)

スパンデックス(ポリウレタン弾性糸)を芯にして、その糸を延伸したところ
にナイロン糸等をS方向かZ方向にどちか一方向に一重に巻きつけた糸
です。

■特徴

・透明感に優れる
・伸びの良いストレッチ性
・適度なフィット力
・ソフトな肌触り
・コスト面にも優れている
・編目がややきたない
・耐久性がやや落ちる

SCY(シングルカバーリングヤーン)

サポートパンストの用途の種類

・ゾッキ用
・タイツ用
・交編用

カバーリング糸の品名の呼び方

品名の記号は、一番左側から順にDCYかSCY、芯糸のデニール数、鞘糸のデニール数で表しています。

フィラメントカウント

ナイロンなどの長繊維は、何本かの糸を引きそろえて構成されています。その本数です。

デニール

糸の太さの単位のことです。
長さ9000メートルの糸の重さがちょうど1gのとき、これを1デニールと呼びます。1本の繊維のデニールは、英数字の(d)。複数本で成り立ってる繊維は、(D)で表します。

●およその太さ

綿や絹 1.3 綿や絹
羊毛 3.0〜5.0 綿や絹
カシミヤ 2.2 綿や絹
モヘア 24.0 綿や絹
人の髪の毛 50〜60 綿や絹

テックス

国際基準の糸の太さの単位のことです。
長さ10000メートルの糸の重さがちょうど1gのとき、これを1デシテックスと呼びます。英数字の(dtex)で表します。

撚数

加工時、芯糸1メートル間に鞘糸を巻きつけている回数。

ドラフト

芯糸の伸び倍率。

スピンドル

カバーリングで糸に撚りをいれる道具。